記事

個人情報保護法改正とマーケティング・CRM ① 概要編

「個人情報保護法改正とマーケティング・CRM」について、トレジャーデータ株式会社でビジネスディベロップメントを担当する山森康平が4回にわたり解説をしていくシリーズ。

第1回目となる「① 概要編」の解説動画では、Ⅰ. 個人情報保護法改正の概要と、Ⅱ. 海外のデータ保護法といった大きく二つの内容に触れています。法改正に付随して起こると想定される現象や、欧米で実施しているArm Treasure Data CDPを用いたGDPR対応例もご紹介していきます。

他の回の記事はこちら:
② Consent Management編
③ Consent Management Project 推進編
④ 企業間データ連携編

① 概要編 の主な内容

Ⅰ. 個人情報保護法改正の概要

  • 個人情報保護法改正の流れ
  • 改正内容と、マーケティング・CRMへの影響を考える上での4つのポイント
  • 付随して起こると想定される現象

Ⅱ. 海外のデータ保護法

  • 世界のデータ保護法の潮流
  • GDPRにおける個人データの定義

※自社での実際の対応を検討される際は、個人情報を専門とされる弁護士等、専門家の意見を必ずお聞きください。

解説動画は、PLAZMA会員のみご視聴いただけます。

今すぐ会員登録(無料)・ログイン

「個人情報保護法改正とマーケティング・CRM」について、トレジャーデータ株式会社でビジネスディベロップメントを担当する山森康平が4回にわたり解説をしていくシリーズ。

第1回目となる「① 概要編」の解説動画では、Ⅰ. 個人情報保護法改正の概要と、Ⅱ. 海外のデータ保護法といった大きく二つの内容に触れています。法改正に付随して起こると想定される現象や、欧米で実施しているArm Treasure Data CDPを用いたGDPR対応例もご紹介していきます。

他の回の記事はこちら:
② Consent Management編
③ Consent Management Project 推進編
④ 企業間データ連携編

① 概要編 の主な内容

Ⅰ. 個人情報保護法改正の概要

  • 個人情報保護法改正の流れ
  • 改正内容と、マーケティング・CRMへの影響を考える上での4つのポイント
  • 付随して起こると想定される現象

Ⅱ. 海外のデータ保護法

  • 世界のデータ保護法の潮流
  • GDPRにおける個人データの定義
  • 欧米で実施しているArm Treasure Data CDPを用いたGDPR対応例

※自社での実際の対応を検討される際は、個人情報を専門とされる弁護士等、専門家の意見を必ずお聞きください。

Tags
続きを読む

トレジャーデータ株式会社

2011年に日本人がシリコンバレーにて設立。クラウド型データマネジメントソリューションを提供しています。日本では2013年から本格的に事業を展開し、デジタルマーケティングやデジタルトランスフォーメションの根幹をなすデータプラットフォームとして、すでに国内外400社以上の各業界のリーディングに導入いただいています。
Back to top button

Arm Treasure Data CDP 事例資料

最新データ活用事例が集結

CDP導入のためのチェックポイント

大手企業のための、プロジェクト成功のベストプラクティス

CDPリサーチ資料

プライベートDMP市場動向レポート2020年

Arm Treasure DataのTotal Economic Impact(TEI:総経済効果)

Forrester Consulting 調査レポート

Close