ARTICLECASE STUDY

クレディセゾンが Arm Treasure Data eCDP導入の先に描く未来

Case Study

クレジットカードや銀行をはじめとする金融ビジネスを展開する企業のマーケティング担当者にとって、日々蓄積される様々なデータをどのように活用するかは大きなテーマだ。中には、データを活用する以前に、まず社内に散在するデータをどのように管理して活用する基盤を作るかという課題に直面して頭を抱えてしまっている担当者も少なくないのではないだろうか。

「セゾンカード」、「UCカード」を展開するクレディセゾンは、データを活用したマーケティングの変革において、先進的な施策にいち早く取り組んできた企業のひとつだ。現在では約2,700万人のセゾンカード・UCカード会員、約1,500万人のネット会員で年間約5兆円の取扱高を誇るクレディセゾンは、今や業界では常識となっている「年会費無料」「カード即日発行」「サインレス決済」といった仕組みを業界に先駆けて導入。そして、会員向けポイントサービス「永久不滅ポイント」で独自の経済圏を構築し、オンラインポイントモール「セゾンポイントモール」(旧「永久不滅.com」)は2006年から展開している。

本来、クレジットカード業界は顧客の属性データやカード利用によって蓄積される決済データという資産を、堅牢なデータウェアハウスによって長年に渡って厳重に管理してきた。新たに、Arm Treasure Data eCDPを導入することによって、どのような化学反応を生み出そうとしているのだろうか。

株式会社クレディセゾン 取締役 デジタル事業部長 兼 デジタルマーケティング部長の磯部泰之氏、デジタルマーケティング部担当部長の吉田学氏、デジタルマーケティング部メディア企画課の田中泉氏にお話を伺った。

Case Study

続きを読むには会員の登録が必要です。

登録はこちら登録済みの方はこちら

Show More
Close