ファン化・クロスセル・D2Cを実現する

【消費財メーカー向け】CDP活用セミナー

トレジャーデータ株式会社

本セミナーでは、消費財メーカーにおけるCDP(顧客データ統合基盤)の活用事例をわかりやすくご紹介いたします。

マスマーケティングから、パーソナライズされたマーケティングに時代は変化しています。「自分にあっているか」「共感・信頼できるか」が購買行動の鍵となり、さらに同じブランドでも顧客一人ひとりの価値観・オケージョンに合った見せ方が求められています。 そんな顧客理解に基づくファン化や関連ブランドへのクロスセルを、CDPを使って実現している大手企業事例をご紹介いたします。また、昨今注目されているD2C(Direct to Customer)実現に向けたCDP活用視点についてもご説明いたします。

※当日ご参加頂いた方には、セミナー後に当日のスライドをPDFでお送りさせて頂きます。

プログラム

  • Treasure Data CDP概要 ※
  • 消費財業界のCDP活用事例
    • キリン様
    • 資生堂ジャパン様
    • JT様
  • D2Cビジネスへの活用
    • D2Cによるビジネス変革と新たな世界観
    • D2Cにおけるデータ活用基盤課題
    • CDPがD2Cを見据えたデータ基盤に

※CDPについてゼロからわかりやすく解説する「CDP入門セミナー」も別日で開催しております。ぜひ併せてご参加ください。

開催概要

日時 2021年3月1日(月) 〜7日(日)24h オンデマンド配信
※3月1日(月)は、10:00から配信スタートします。
実施方法 24時間 オンデマンド配信形式です。
期間中は、お好きな時間にご視聴可能です。
視聴URLはメールにてご案内します。
対象 消費財メーカーにおいてマーケティング・経営企画・事業/営業企画・IT系部門の業務に携わられている方
主催 トレジャーデータ株式会社
ご連絡先 sdr-jp@treasure-data.com

スピーカー

桑畑 穣太郎

桑畑 穣太郎(Jotaro Kuwahata)

トレジャーデータ株式会社 / セールスディベロップメント

大手カード会社にてデータベースマーケティングに従事した後、マーケティングコンサルティングファームおよびデジタルエージェンシーに参画し、エンタープライズ企業のブランド構築·デジタルマーケティング·CRMを推進。2018年4月にトレジャーデータに参画。現在はCDP(カスタマーデータプラットフォーム)活用の啓発·支援を行う。

 

受付終了しました。

次回の予定が決まりましたらお知らせいたします。