「多種大量データ×予測スコアリング」による高精度ホットリード創出を実現!

BtoBマーケティングにおけるCDP活用セミナー

トレジャーデータ株式会社

本セミナーでは、BtoBマーケティング、ABM(アカウント・ベースド・マーケティング)におけるCDP(顧客データ統合基盤)の活用事例をわかりやすくご紹介いたします。
MAによる「実名ターゲット・手動スコアリング・メール施策」といったBtoBマーケティングの進化形として、CDPを中核に据えた「匿名&実名ターゲット・自動予測スコアリング・マルチチャネル施策」による高精度なABM/B2Bマーケティングが注目されています。
MAとCDPの役割分担を交えつつ、先行事例やトレジャーデータ内のABM推進についてご紹介します。

プログラム

  • Treasure Data CDPの機能概要
  • BtoBマーケティング、ABMでのデータ課題と解決事例紹介
  • 質疑応答

※双方向型のウェビナーになりますので、プログラムの合間でも質問大歓迎です!

    開催概要

    日時 2020年12月16日(水) 14:00-15:00
    実施方法 オンラインセミナー形式での開催です。
    詳しくはメールにてご案内します。
    対象 B2Bビジネスのマーケティング・経営企画・事業/営業企画・IT系部門業務に携わられている方
    ※上記対象外の場合はご遠慮させていただく場合がございます。
    定員 10社
    主催 トレジャーデータ株式会社
    ご連絡先 sdr-jp@treasure-data.com

    スピーカー

    桑畑 穣太郎

    桑畑 穣太郎(Jotaro Kuwahata)

    トレジャーデータ株式会社 / セールスディベロップメント

    大手カード会社にてデータベースマーケティングに従事した後、マーケティングコンサルティングファームおよびデジタルエージェンシーに参画し、エンタープライズ企業のブランド構築·デジタルマーケティング·CRMを推進。2018年4月にトレジャーデータに参画。現在はCDP(カスタマーデータプラットフォーム)活用の啓発·支援を行う。

    下記フォームへ必要事項をご記入の上、お進みください