ARTICLECASE STUDY

出版社起点から顧客起点へ ~ 東洋経済が取り組むデータマーケティング

Case Study|株式会社東洋経済新報社
デジタルメディア局 プラットフォーム管理部 部長 坂野 靖弘

経済誌「東洋経済」、書籍「会社四季報」をはじめとするビジネス書やデジタルメディア「東洋経済オンライン」など、ビジネス領域のパブリッシング事業でビジネスパーソンから大きな支持を得ている東洋経済新報社が、現在データドリブンへの取り組みに注力しています。その背景には、どのような課題があり、またどのような将来像を描いているのでしょうか。株式会社東洋経済新報社デジタルメディア局プラットフォーム管理部長の坂野靖弘氏が、「なぜ東洋経済がデータ分析に取り組むのか」と題した講演で紹介しました。

なぜ東洋経済オンラインはArm Treasure Data eCDPを導入したのか

坂野氏によると、デジタルメディア「東洋経済オンライン」のPV数は右肩上がりで順調に成長を遂げているが、その中でサイト訪問者がどのような人なのか、いつどのような記事を読んでいるのかといった記事閲覧者のインサイトをGoogle Analyticsよりも深く分析したいというニーズが生まれていったという。

Case Study

続きを読むには会員の登録が必要です。

登録・ログインはこちら

Show More
Back to top button
Close