ARTICLEMARUNOUCHIMARUNOUCHI SESSION

earth music & ecologyは、CDP導入をどのように軌道に載せたのか — ストライプインターナショナル山崎氏が語る

Case Study

ユーザーとメーカー企業が店頭やECサイトでコミュニケーションを生み出すことが当たり前になったファッション市場において、エンゲージメントを深めていくためのデータ活用は、ミッションクリティカルとも言える大きな課題だ。消費者の購買行動、サイト上での行動履歴、企業が発信するメッセージへの反応など、ユーザーとメーカー企業との接点から生まれる様々なデータをどのように有益に活用できるかが、競争が激しい市場での生き残りを左右すると言っても過言ではない。

では、多くの女性から支持されるファッションブランドは、どのようにデータを活用してユーザーとのコミュニケーションをエンゲージメントの深化や売上の向上に繋げているのだろうか。人気ファッションブランド「earth music & ecology(アース ミュージック&エコロジー)」を展開する株式会社ストライプインターナショナルの常務執行役員マーケティング本部長である山崎茂樹氏が講演した。

Case Study

続きを読むには会員の登録が必要です。

登録はこちら登録済みの方はこちら

Show More
Close