ARTICLECASE STUDY

モノを中心にしたプラットフォームの構築を目指す — ソフマップが考えるリユース事業の未来

CASE STUDY|株式会社ソフマップ 代表取締役 渡辺 武志氏

ソフマップと言えば、パソコン・インターネットの黎明期からパソコン・ソフトウェアの販売を手掛けてデジタル時代を作り上げてきたパイオニア企業です。現在ではパソコン関連機器だけでなく幅広い商品カテゴリーを取り扱い、創業地である東京・秋葉原を中心に全国22店舗を展開しています。2010年には家電小売最大手ビックカメラの完全小会社となり、ビックカメラ、コジマを含むグループ全店舗のパソコンサポート、大学内のパソコンサポートデスク運営なども手掛けています。

一方、ソフマップは古くから中古製品の販売に力を入れてきた企業でもあります。秋葉原には買取専門店や中古製品の販売専門店を展開しています。同社では、個人消費が飽和状態になるなか、このリユース事業の拡大=中古製品の流通強化を今後の成長戦略の中心に据えています。具体的にどのような戦略で、デジタルとデータを活用してリユース事業の拡大を見据えているのでしょうか。株式会社ソフマップ代表取締役社長 代表執行役員の渡辺 武志氏が講演しました。

ソフマップのリユース事業が目指したデジタルトランスフォーム

渡辺氏がソフマップの代表に就任したのは、2017年。その当時、ソフマップのリユース事業には様々な課題があったという。

Case Study

続きを読むには会員の登録が必要です。

登録・ログインはこちら

Show More

Related Articles

Back to top button
Close