ARTICLECASE STUDY

コトバDMPと出版社の資産を活かし、独自の価値を生み出す — 小学館のデータ活用

Case Study|株式会社小学館
広告局 デジタルメディア営業センター 副センター長 河村 英紀氏
株式会社サイバー・コミュニケーションズ
データ・ソリューションディビジョン データストラテジスト 丸田 健介氏

1922年(大正11年)に創業し、長らく出版業界をリードしている小学館が、データを活用したデジタル変革に取り組んでいる。同社は雑誌ブランドのデジタルメディアを中心に専門性の高いバーティカルメディアを30媒体以上展開。2017年にはデジタルメディアの広告を専門に営業する「デジタルメディア営業センター」を発足し、メディアの収益化に注力している。また、Arm Treasure Data eCDPをベースに開発した独自のデータ基盤「コトバDMP」を活用し、さらなる飛躍を遂げようとしているという。

出版事業を展開するパブリッシャーにとって、平成の時代は大きな転換期となったのは言うまでもない。デジタルメディアの急速な成長と消費者のライフタイムシェアの多様化に伴い、書籍や雑誌の出版部数は業界全体で減少。デジタルメディアのビジネスを成長させることは、大きなテーマとなっている。小学館でも、広告ビジネス全体に占めるデジタル広告の比率は2018年で27%と2014年と比較して4倍に増加し、売上では2018年に前年比140%超の急成長を遂げているという。

では同社は、データを活用してどのような広告価値を生み出し、またデジタルメディアのビジネスを成長させようとしているのだろうか。

Case Study

続きを読むには会員の登録が必要です。

登録・ログインはこちら

Show More
Back to top button
Close