ARTICLECASE STUDY

VR内見、VRトラベルのデータ分析を最適化し、新たなユーザー体験創出へ

CASE STUDY|ナーブ株式会社 エンジニア 田村 兵庫氏

ビジネスへのVR活用が進む中、VRコンテンツプラットフォームを開発し、不動産業界や観光業界に革新をもたらそうとしているのがナーブ株式会社(以下、ナーブ)です。順調に顧客数を伸ばす中、既存システムではデータの遅延や停止の懸念があると判断し、Arm Treasure Data eCDPを採用し、データ収集と分析をさらに加速しています。VRを通じて収集した膨大なデータはどのような価値を生み出し、今後同社は何を目指していくのでしょうか。PLAZMA 一橋にて同社のエンジニア 田村兵庫氏が行った講演からその詳細を明らかにしていきます。

物件や旅行先をVR体験できるサービスを展開

2015年10月に創業したナーブは、企業向けVRコンテンツの配信プラットフォームを開発、提供する企業だ。「VR Cloud」と呼ばれる同プラットフォームは、不動産業界では「VR内見」というサービスで、観光業界では「VRトラベル」というサービスで活用されている。同社はこれらのサービスに向けたVR端末「CREWL(クルール)」の開発も手がけているほか、サイネージ型の筐体「どこでもストア」をショッピングモールや旅行代理店に設置し、エンドユーザーがその場で遠隔の物件や旅行先をVR体験できるといったサービスも展開している。

Case Study

続きを読むには会員の登録が必要です。

登録・ログインはこちら

Show More
Back to top button
Close