ARTICLECASE STUDY

サイロ化したデータを集約して業務を効率化、1to1マーケティングにチャレンジするレバレジーズ

CASE STUDY|レバレジーズ株式会社 メディア企画部 SEO担当 兼 ディレクター 兼 コンテンツ担当 野村 亮太氏
レバレジーズ株式会社 マーケティング部 CRMチーム 石川 信太朗氏

ベンチャー企業をはじめ、急成長・急拡大するビジネスにおいて大きな課題となるのが、拡大するビジネスが生み出す様々なデータをどのように管理していくかという点です。多くの場合、次々に展開する新たなサービス、新たな施策で生まれるデータはサイロ化され、データを活用してマーケティングを効率化したいというニーズが生まれても、散在するデータを多くの工数を掛けて整理しなければ活用することができません。こうした課題を、Arm Treasure Data eCDPを活用してどのように解決したのでしょうか。

レバレジーズ株式会社メディア企画部 介護メディア制作責任者 兼 DMP・BI活用推進担当の野村亮太氏と、同社マーケティング部CRMチームの石川信太朗氏が「Marketo × Treasuredata × Quicksightで実現するデータの可視化と1to1マーケティング」と題した講演の中で解説しました。

Case Study

続きを読むには会員の登録が必要です。

登録・ログインはこちら

Show More
Back to top button
Close