ARTICLECASE STUDYEVENTMARUNOUCHI

出版社の多種多様なコンテンツが映すDMPの未来|KADOKAWA

Case Study

出版不況と言われる中、多角化に成功しその地位をさらに高めようとしている企業があります。それが、株式会社KADOKAWA(以下KADOKAWA)です。書籍、映像、そしてその周辺ビジネスで年間20,000点ものコンテンツを制作しているKADOKAWAが今後さらに注力しようとしていること、それがデータを活用したデジタルマーケティングです。

「TREASURE DATA “PLAZMA” Marunouchi」では、KADOKAWAのデジタルマーケティングの現状について、ビジネスプロデュース局 マーケティングソリューション推進部 西澤 元晴氏にご講演いただきました。

多角化するKADOKAWAの事業と増加し続ける読者情報

メディア業界で知らない人はいないであろうKADOKAWA。書籍、雑誌などの紙媒体でその地位を高め、圧倒的なブランド力を誇っています。しかし、KADOKAWAのコンテンツはこれだけに限りません。

Case Study

続きを読むには会員の登録が必要です。

登録はこちら登録済みの方はこちら

Show More
Close