ARTICLECASE STUDY

デジタルトランスフォーメーションの実現を目指して、組織の壁を超えて絆を作るには|株式会社ストライプインターナショナル

CASE STUDY|株式会社ストライプインターナショナル
デジタルトランスフォーメーション本部
データプラットフォーム部 部長 榎本 一樹氏

業種・業界を問わず、これからのビジネスにおいてデータを駆使したデジタルトランスフォーメーションが重要であることは、もはや疑いの余地はありません。しかし、実際にそれをビジネスに実装していこうとすると、組織の壁、テクノロジーリテラシーの壁が大きな問題になることが多々あります。特に、データドリブンの仕組みを実装しようとして頓挫する要因のひとつが、組織内に生まれたハレーションによるものです。

では、いままさにデジタルトランスフォーメーションに取り組んでいる企業は、どのような視点で社内の組織を巻き込み、スムーズな実装を実現したのでしょうか。株式会社ストライプインターナショナル デジタルトランスフォーメーション本部 データプラットフォーム部 部長の榎本一樹氏が「データドリブンな組織作りの歩みのすべて」と題した講演で紹介しました。

Case Study

続きを読むには会員の登録が必要です。

登録・ログインはこちら

Show More

Related Articles

Back to top button
Close