ARTICLECASE STUDY

カギとなるのはデータ活用。小売業者がAmazonに勝つための次世代戦略とは?|HALデータ研究所合同会社

CASESTUDY|HALデータ研究所合同会社 CEO HAL_hatanaka氏

データを活用して小売企業の新たな世界を切り開く――。この課題に挑んでいるのが、小売業界に特化したデータマネジメントプラットフォームを開発するHALデータ研究所合同会社(以下、HALデータ研究所)です。同社では、そのデータプラットフォームにArm Treasure Data eCDPを活用。顧客に独自の顧客体験を提供できれば「Amazonに勝つことさえ可能」と語るのは同社CEOのHAL_hatanaka氏です。PLAZMA 秋葉原での同社の講演からその意味を明らかにしていきます。

小売を革新に導くには「顧客の特定」が必要

HALデータ研究所は、小売業界に特化したデータマネジメントプラットフォームを開発する企業だ。同社は、企業内の各部署に分散した顧客情報を集約し、分析して集客に結びつけている。ここで活用する顧客情報は、Webのログデータや購買データ、アプリデータ、問い合わせデータなどさまざまだ。これらの各種データを統一データベースに投入し、分析しており、同社ではその統一データベースにArm Treasure Data eCDPを利用している。

Case Study

続きを読むには会員の登録が必要です。

登録・ログインはこちら

Show More
Back to top button
Close