ARTICLECASE STUDY

ユーザー、メディア、スポンサーすべてを「ハッピー」に。Gunosyが考えるデータ活用構想とは?

CASE STUDY|株式会社Gunosy 執行役員 広告事業本部 プレミアム広告推進部 部長 近藤 洋司氏

メディアが日々発信する情報の中から、読者の興味関心に沿った情報を推薦するキュレーションサービスを提供する株式会社Gunosy(以下、Gunosy)では、これまでユーザーとの接点がスマートフォンアプリだけに限られており、提供できる価値にも限界がありました。そこで、さまざまなデバイスからもデータを集め、パートナー企業との連携を深化させることで新しい価値を創るために「Arm Treasure Data eCDP(以下、eCDP)」へのデータ蓄積を始めています。「PLAZMA 2019 JAPAN IT Week 春」では、同社執行役員で広告事業本部 プレミアム広告推進部 部長の近藤洋司氏が、ユーザーはもちろん、広告主や提供元メディアすべてに「ハッピー」な仕組みを作る取り組みを紹介しました。

ユーザーごとの「スキマ時間」に最適なコンテンツを届ける

Gunosyの収益は、主にキュレーションメディアに表示する広告収入から得られるものだ。ニュースなどのキュレーションサービスを提供する「グノシー」をはじめ、大きく5つのメディアを運営する同社のアプリは、国内累計で4000万インストールを突破しており、業績も順調に伸び続けている。

Case Study

続きを読むには会員の登録が必要です。

登録・ログインはこちら

Show More
Back to top button
Close