ARTICLECASE STUDYMARUNOUCHI

Logicと感性〜ファンを見つけるため、メディアがCDPを使う理由〜|Data Tailor

Case Study

Webマーケティングの担当者にとって必要な資質とは?

もちろんWebに限らず、マーケティング担当者が重要な課題と感じるテーマです。特にWebマーケターの場合、画面を挟んでユーザーとどのようなインタラクションを取り、エンゲージメントを高めるか、ひいてはそのユーザーにファンになってもらうためにはどのような施策を行うべきか。日々頭を悩ましている担当者の方も多いのではないでしょうか。

アドプラットフォーム事業などを営むData Tailor株式会社(以下「データテイラー)は、メディアとの連携を通じてこの「顧客をファンにする」ノウハウを蓄積し、メディアの収益化に向けた支援を行なっています。同社で取締役を務める原 直志 氏は自身の経験を通じて、「ファンを見つけるにはデータに基づいたロジックと感性の両輪が必要」と強く訴えます。

今回は「TREASURE DATA “PLAZMA” Marunouchi」で行われた原氏のケーススタディセッションの様子をお伝えします。

Case Study

続きを読むには会員の登録が必要です。

登録はこちら登録済みの方はこちら

Show More
Close