ARTICLECASE STUDY

オンラインからオフラインまで一貫したデータ活用で実店舗のマーケティングを最適化する|カタリナマーケティングジャパン株式会社

CASE STUDY|カタリナマーケティングジャパン株式会社
プロダクトチーム ブランドソリューションズ 小川 真輝氏

週に約1億件という店頭での購買データを強みに、クーポンによるマーケティング活動を支援する事業を展開するカタリナマーケティングジャパン株式会社(以下、カタリナ)。そうしたデータを、Webサービスやアプリといったオンラインデータとどう連携させるかがここ2年ほどの課題だったという同社は、どのようにそれを解決していったのでしょうか。「TREASURE DATA “PLAZMA” 2018 in Roppongi」に登壇した同社のプロダクト&ソリューションズ ディレクター 小川真輝氏がその取り組みを語りました。

1億件のPOSデータを活かしマーケティング事業を展開

日本でビジネスを展開して以降、約20年に渡って消費材メーカーや小売チェーン向けにマーケティングソリューションを提供してきたカタリナ。同社の強みは、週に1億件というPOSデータを蓄積し、それに基づいたマーケティング戦略を支援できることだ。

Case Study

続きを読むには会員の登録が必要です。

登録・ログインはこちら

Show More
Back to top button
Close