ARTICLECASE STUDY

朝日新聞社の顧客データ活用法と新メディア構想

CASE STUDY|株式会社朝日新聞社 マーケティング本部 桧山 直樹 氏

株式会社朝日新聞社(以下、朝日新聞社)では、顧客志向のビジネス展開に向け、オーディエンスデータの活用に取り組んでいます。社内データを統合して分析することはもちろん、新たなメディア構想をカスタマーデータプラットフォーム(CDP)で支えるほか、同じツールを導入している企業同士のデータエクスチェンジも視野に入れています。2018年7月に開かれた「TREASURE DATA “PLAZMA” Roppongi」に登壇した同社マーケティング本部 顧客データベース部部長(当時)の桧山直樹氏は、メディアと顧客をつなぐデータ活用について解説しました。

顧客データ活用のために必要なこととは?

1879年に創刊した朝日新聞社は、日刊新聞を中心にさまざまなメディアを運営する企業だ。現在の社員数は約4400人。その半数が記者や編集者としてメディアに携わっているという。報道だけでなく、全国高校野球選手権大会や、吹奏楽や合唱コンクール、展覧会といったリアルイベントなども主催しており、SNS上でも幅広いタッチポイントを有している。

Case Study

続きを読むには会員の登録が必要です。

登録・ログインはこちら

Show More

Related Articles

Back to top button
Close