ARTICLECASE STUDY

eCDPに集約したデータを活用して効果的なコンテンツマーケティングを実現

CASESTUDY|株式会社オールアバウト メディアビジネス本部 プラットフォーム開発部 ジェネラルマネジャー 中島 大輔氏

「専門家」が情報を発信する日本最大級の情報サイト、All Aboutを運営する株式会社オールアバウト(以下、オールアバウト)では、「Arm Treasure Data eCDP」を導入して読者の閲覧履歴だけでなく、広告のクリックや閲覧データ、広告主サイトにおける行動データなどを一カ所に集約。その分析結果を多方面に活用しています。そんな同社では、どのようにコンテンツマーケティング事業を展開しているのか――。同社のメディアビジネス本部 プラットフォーム開発部 ジェネラルマネージャー の中島大輔氏が、2018年に開催された「PLAZMA 秋葉原」で語った講演内容からその詳細を見ていきます。

「データ」に基づくコンテンツマーケティング施策へ転換が必要

2001年から総合情報サイトとして発展してきたAll About。「専門家=ガイド」が情報を発信することを特徴にコンテンツを増やし、今では約900人の専門家が参画し、月間2500万ユニークユーザーが訪問する日本最大級の情報サイトとなっている。そのコンテンツは14領域のジャンル、70種類のチャネル、1300種類のテーマが設けられ、膨大な記事が蓄積されている。

Case Study

続きを読むには会員の登録が必要です。

登録・ログインはこちら

Show More
Back to top button
Close